ホットクック

【ホットクック】煮物の定番!肉じゃがのレシピとコツを解説【予約調理可能!煮崩れしない!】

こんにちは、miharuです。

 

ホットクックメニュー集の一番最初に出てくる料理、肉じゃが!

さすが一番最初に出てくるだけあって、ホットクックで作る肉じゃがはとっても美味しいです。

しかし、私はこんな悩みを抱えていました。

●じゃがいもが煮崩れて見た目が汚くなってしまう

●予約調理したいのに出来ない・・・

なにより予約調理ができないのは、共働き家庭の我が家にとっては残念ポイントでした。

でも、子供たちは肉じゃがが大好き。

何とかしてホットクックで理想の肉じゃがを作りたい!と試行錯誤して、自分の中のベストなやり方を発見しました!

 

1年程前に塩麹で味付けする洋風の肉じゃがをご紹介しましたが、今回は和食のド定番な醤油を使った肉じゃがです!

miharu
ホットクックで調理すると玉ねぎがとっても甘くなるので、砂糖が少なくても十分美味しいですよ♪

 

前回の「ヘルシー塩麹肉じゃが」の作り方はこちら

(画像をクリックすると新しいウインドウが開きます)

材料:5~6人分

  • お好みのお肉…250g(今回は牛小間切れ肉使用。豚肉や鶏モモ肉で作っても美味しいです)
  • じゃがいも…大きめ4個
  • 玉ねぎ…中サイズ2個
  • 人参…中サイズ2本
  • ☆醤油…大さじ3
  • ☆砂糖…大さじ1.5
  • ☆みりん…大さじ1.5
  • ☆酒…大さじ1.5

調味料の量について

調味料の量は、具材の総重量から計算しています。

ご家庭によって、入れる具材の量や種類が変わってくると思いますので、以下の式を参考にしてみてください。

具材の総重量(g)×0.6%×6

これでベストな醤油の量が算出されます。(1g単位で合わせなくても、だいたいで十分です)

調味料は醤油だけでも十分ですが、この醤油の半量の砂糖・みりん・酒とあわせて煮込んだほうが、家族から好評でした。

※塩分量の計算は、勝間和代さんの本から参考にさせてもらいました。(感謝)

 

作り方

step
1
材料を食べやすい大きさに切る

じゃがいも(特に柔らかい新じゃがいも等)は、煮崩れ防止で大き目に切るのがおすすめです。

玉ねぎは食感を残すために、繊維に沿ってくし切りが我が家流。

 

step
2
具材の総重量を測り、調味料の量を計算しておく

計算方法については上述の「調味料の量について」を参照してください。

※私はズボラをして、ステップ3のタイミングで調味料の計算をしています。(詳しくはステップ3で)

 

step
3
内鍋にお肉と調味料以外の材料を入れる

ここではお肉は入れないのがポイントです。

鶏もも肉など長時間煮込んでも固くなりにくいお肉はここで入れてもOKですが、豚肉や牛肉は予約調理で長時間煮込んでしまうと固くなってしまうので、後入れするようにしています。(お急ぎの場合はここで肉を入れても、もちろんOK)

ちなみに私は、はかりに内鍋を載せてゼロリセットしてから具材を入れ、ここで「ステップ2」の調味料の量を計算しています。

計算には、肉の重量を足すのも忘れずに!

今回は、野菜1,102g+肉250g=1,352g だいたい1,350gが総重量。

1,350×0.6%×6=48.6g だいたい50g。

gとmlの違いとか、考えだすともっともっと細かい計算が必要になっちゃいますが・・・

だいたい大さじ3ぐらいかなーと算出しました。で、その他の調味料はその半分。

(計算するのは面倒ですが、これぐらい緩い考え方で計算してもめちゃくちゃ美味しくできます!)

step
4
☆の調味料を全てあわせて、内鍋に入れる。全体に馴染むよう、かき混ぜる。

 

step
5
内鍋をホットクックにセットする(混ぜ技ユニットは不要)

メニューを選ぶ→カテゴリーで探す→煮物→野菜→かぼちゃの煮物(メニュー番号3)→スタート

miharu
かぼちゃの煮物コースで作るので、予約調理ができます。

 

step
6
完成したら蓋を開け、お肉を入れて混ぜる

なるべく肉が固まらないように、ほぐしながら入れたほうが美味しく仕上がります。

(引くほどブレててごめんなさい・・・)

 

step
7
調理時間を延長し、お肉に火が通れば完成

今回は牛小間切れ肉(薄め)使用し、調理時間を5分延長しました。

完成後確認してみると、まだ少し赤っぽかったので3分延長を追加しました。

合計で8分延長しましたが、お肉の種類や量によって変わるので、よく確認していただき生焼けにならないようご注意くださいね。

 

完成

ほくほくで、とっても美味しい肉じゃがの完成です♪

同じ悩みを抱えるホットクックユーザーさんの参考になると嬉しいです。

 

今回使用したもの

ホットクックは2.4Lサイズの「KN-HW24C」を使用しています。

最新機種が出たので、いま私が使っているものはだいぶお安くなっています!

 

こちらは最新機種。

 

旧型のホットクックの内鍋はフッ素加工されておらず、すごく洗い物が大変だったので、フッ素加工された内鍋のみ追加購入しました。

これ本当に革命的。1万円ほどしますが、本当に買ってよかったです。

 

それでは、最後でご覧いただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

miharu

1歳児と2歳児の年子兄弟を育てながら、フルタイムで働くママです。 7:30に出勤→19:00帰宅の日々も、もうすぐ1年。とにかく時間のない中でも、毎日自炊&弁当生活を続けてます。 手間をかけずに美味しいご飯を作りたい! ヘルシオオーブンやホットクックなど、調理家電のフル稼働中。 レシピや育児情報を載せていきます♪

あなたへのおすすめ

1

こんにちは、みはるです! 食べすぎた翌日など、本気で痩せたい時に作る低カロリー(約188kcal)なスープジャー弁当です。 オートミールと市販のわかめスープの素を使って、たぶん二日酔いの朝でも作れるぐ ...

2

こんにちは、みはるです! 今回はホットクックとヘルシオを活用した我が家の、とある8月の夜ご飯5日分をご紹介します。   ちなみに我が家の状況はこんな感じ。↓ miharu保育園児2人(2歳児 ...

3

こんにちは、miharuです。 スープジャーを買いたいけど、サイズ(容量)選びに悩む… スープジャーにどハマりしている私に、周囲の方やSNS上でこんな質問をいただくようになりました。 今日は、スープジ ...

-ホットクック
-, ,

© 2021 ワーママmiharuのはれはれごはん Powered by AFFINGER5